本文へスキップ

TEL. 054-628-7235

〒425-0021 静岡県焼津市中港1−1−8

新着情報NEW INFOMATION

モンゴルのゲル登場!そして国際交流を。


ゲルの前で1年生集合!
「産業社会と人間」でモンゴルの方々と
国際交流
 
 2月16日(金)一年生「産業社会と人間」の授業にてモンゴルからお二人のお客様を迎えて、国際交流がおこなわれました。
 今回は焼津市よりモンゴルの移動式住居「ゲル」をお借りして校庭に設営しました。焼津市は2020年の東京オリンピック・パラリンピックのモンゴル事前合宿地として予定されており、今回の国際交流となりました。
ゲル造りの様子


  
  モンゴルの歴史や文化をわかりやすく…
 今回は、モンゴルから外交専門官のヤンジカ・ソラさんと、林業技術員のニャムジャウ・ムンフバトさんが来校してくださいました。
 モンゴルの生活全般や、歴史、文化などのお話を伺いました。
特にモンゴルの生活習慣でナーダムの話や、住居の話などは、事前学習でも学んでいたことをさらに詳しく聞くことができたため、印象に残ったようです。
 

外交専門官のやンジカ・ソラさん
  
休憩時間に交流を深めました
 民族衣装をお借りして…
 焼津市長も来校し、今回の交流のご挨拶もありました。またNGO「ワールドプラザ」の方々も参加してくださり、モンゴル衣装を生徒たちが着用し、さらに生活用品の展示を見ることもできました。
 多くの方々のご協力に感謝いたします。
 
 生徒たちの感想より
・ムンフバトさんが言っていた「外国にきて自国がより理解できた」という言葉が大変印象に残った。
・日本とモンゴルとの交流がむかしからあったことに感動し、興味がわいた。
・広い草原や砂漠で家族と家畜の中で育った心や考え方は、自分とはかなり違う。ないものねだりになるが、そのような平穏にあこがれる。
・外国のことを知ると、自分の知らないことを知ることができて、「知る」ということの大切さがわかった。
 
林業技術員のニャムジャウ・ムンフバトさん
このページの先頭へ

ナビゲーション

バナースペース

松薫学園 焼津高等学校

〒425-0021
静岡県焼津市焼津1−1−8

TEL 054-628-7235
FAX 054-629-5120