本文へスキップ

TEL. 054-628-7235

〒425-0021 静岡県焼津市中港1−1−8

新着情報NEW INFOMATION

演劇部が第32回志太地区高校演劇発表会に出演

 オリジナル脚本

 1月17日、日曜日、島田市民総合施設プラザ「おおるり」にて開催された第32回志太地区高校演劇研究会に本校演劇部が出演しました。
 本校の演劇部は1年生3名、2年生7名で活動していますが、今回は6月に引退した3年生も加わり、全学年が協力して一つの劇を作り上げる機会になりました。
 さらに今回の演目は3年生の杉本さんが書き下ろしたオリジナル脚本「神様のいたずら」です。部員たちはこの日のために休日も含めたくさんの練習を重ねてきました。

 部内での話し合いの中から作られた作品
 
 「神様のいたずら」…あらすじは「人間関係を築くのが苦手な真帆は神様によって透明人間にさせられてしまう。透明人間になってしまった真帆は周囲の人間の本音を聞いてしまって…。,真帆は元に戻れるのか…」というもの。
 オリジナルシナリオということで,ストーリーはもちろんのこと、演出プランもゼロからのスタート。しかし部内での複数回の話し合いを積み重ねながらできあがった舞台は、キャストの台詞、演技はもちろんのこと、大道具、小道具を含めた舞台装置、照明も全て緻密に作り上げられていました。
 様々な要素を含んだ舞台
 劇は「神様」「透明人間」などファンタジーの世界。何でもありの展開になりがちですが、扱っているテーマが「人間の不安定な心」「人間の力強さ」という骨太なものなので、観ていて「なるほど」と思わされたり、心に響くものがあったりと、素晴らしい演出に引きこまれながらも、自分自身の生き方を考えさせられる舞台でした。
 また、劇の冒頭と最後にストーリーテラー役として本作品の作者である杉本さんが登場。舞台に「きりり」としたアクセントを付けていました。
 幕が下りたときの会場いっぱいの大きな拍手が劇の評価として表れてるようでした。

 会場に来て、ご覧になっていただいたみなさん、ありがとうございました。
 
     本作品の作者、杉本さんも登場
このページの先頭へ

ナビゲーション

バナースペース

松薫学園 焼津高等学校

〒425-0021
静岡県焼津市中港1−1−8

TEL 054-628-7235
FAX 054-629-5120